県内初となる高度ICT教育の導入

生徒一人一人が自らの可能性を最大限に追求できるICT教育 本校は、開校以来、社会に有益な人材(エリート)の育成を目標としております。現在における今後10年の社会変化として、AIの発達等の第4次産業革命による社会変化と、それに伴い不要となる職業も増加するなど、個人の働き方、生き方も大きな変革が予想されています。

これらのことに対応するためには、能動的、個性的、柔軟な発想を持ち、かつ、他者と円滑なコミュニケーション・連携ができる個人が必要となってまいります。このことに対応するためには、基本的な知識の習得だけでなく、知的好奇心に従い、深く探求心をもち、他者と共同するスキルを持つ生徒を育てる教育を行う必要があります。本校は、そのことを実行するためためには、早急にICTを導入することが必要であると判断いたしました。ICT教育を導入することによって、

  • ○授業の効率化をしていきます。
  • ○アクティブラーニングを積極的に導入していきます。
  • ○大学入試改革にいち早く対応します。
  • ○学習意欲の向上・教育システムの効率化による成績向上をめざします。
  • ○生徒・保護者への情報伝達や調査(アンケート等)を効率化します。

実施スケジュール

平成30年8月中

  1. ①黒板を撤去
  2. ②各教室、大型モニターとホワイトボード設置
  3. ③全教室Wifi完備
  4. ④生徒用タブレットiPad 36台整備
  5. ⑤教員用タブレット整備

平成30年10月

  1. ①生徒用タブレットiPad(全員)発注予定

平成31年4月

  1. ①生徒用タブレットiPad(全員)整備

ICT教育導入スケジュール

生徒用タブレット

  • ●Apple iPad
  • ●電子ペン
  • ●基本ソフト(予定)

    ベネッセClassi(プリント、連絡板、小テスト、アンケート等に対応)、MetaMoJi(授業支援ソフト)、MobiConnect(MDM セキュリティーソフト)、Microsoft Office 365

授業風景

  • ICT授業風景
  • ICT授業風景
  • ICT授業風景