教育システム

難関大学をめざすIWATAコース、グローバルな人材の育成をめざすAPU・立命館コース

  • 学校の方針は、「社会に有為な人材の育成」です。

    21世紀には、学力だけでなく、「公正や正義」「人を思いやる心」を持ち、自主的で行動力のある 人材が求められています。 本校は創立以来そうした人材の育成を目標にしてきました。
  • 生徒・保護者とともに考える生活指導です。

    本校の伝統である生徒の自主性を認めつつ、生徒会や保護者会とともに生活のあり方を 見直していきます。全校集会などを通して具体的な7つの生活目標を達成するように指導します。
  • 進学実績のさらなる向上を目指します。

    「朝の自習」-授業-「放課後の補習」-「夜の自習」と続く体制により学校内で、 学習が完結する体制を確立しています。 また、授業アンケートの実施により、生徒の意見を授業に反映していきます。
  • きめ細かく、一人一人の生徒を大切にする教育です。

    一人一人の予習や課題をさらに丁寧に点検していきます。面接や家庭訪問で1人1人を理解していきます。